保湿する

ニキビ肌はさっぱりして化粧品を選びがちですが、ニキビを治すためには保湿が必要です。肌が乾燥すると角質が肥厚して毛穴がふさがれてしまい、ニキビができやすい状態になります。そのため、保湿が必要なのです。脂性肌も保湿をすると、水分と油分のバランスが整って過剰な皮脂分泌が抑制されます。

まずは化粧水で保湿をしましょう。化粧水には水溶性の美容成分を与える目的と、次に使う化粧品の浸透をよくする働きがあります。手でつける方とコットンでつける方がいますが、手でつけることがおすすめです。コットンは叩くときにニキビに刺激を与えてしまいます。手のひらに化粧水をとったら、手を顔に押し当てるようにして化粧水をつけましょう。

化粧水で与えた潤いは、油分で閉じ込めないと逃げてしまいます。そのため、乳液やクリームで保湿をします。クリームはべたつくから苦手という方もいますが、べたつくのは肌の水分と油分のバランスが崩れているからです。適切に保湿をすることで水分と油分のバランスが整い、べたつきがきにならなくなってきます。

保湿をするだけでなく、乾燥しないようにも気をつけましょう。過剰な洗顔は潤いを奪ってしまうので、洗顔のし過ぎに気をつけてください。